野外映画祭 2017年のおすすめ上映スケジュール

yagaieiga

今年も各地で野外映画の上映(野外映画祭・イベントの開催)予定が公開され始めました!

屋内の映画鑑賞も好きですが、やっぱり野外映画は特別感があります。

「早く暗くならないかな~」
「あっ、一番星!」
などとドキドキしながら開演時間を待つひとときや

ビールやジュースを片手に、気もちの良い風に吹かれながらリラックスした状態で楽しめる何ともいえない心地よい開放感。

一度経験してしまうと、病み付きに(笑)

ホタルが飛び交う季節になり、野外映画界にも、続々と動きが出始めましたので、2017年に鑑賞することができる野外映画のスケジュールやおすすめをまとめてみました。

(今後も情報が更に増えていくと思われますので、随時更新していきます。)

カップルでロマンティックに、家族や友人とアットホームに、ぼっちできままに思う存分、

それぞれのスタイルで楽しめる野外映画、ぜひお気に入りの上映場所を見つけ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告大

野外映画祭2017 おすすめの上映スケジュール一覧

2017/6/22編集
開催終了しているイベントは後半に掲載し直しました。

星空の映画祭 2017

これは、私の一押し野外映画!

長野県原村にある八ヶ岳自然文化園にて毎年夏休みに開催される映画祭。

日本一標高が高い場所での野外上映と言える場所で、本当に星がきれいなところ。

開場で仰向けになると満天の星空に包み込まれ、夜空に浮かんでいるような感覚になります。

残念ながら、今年の開催スケジュールはまだ決まっていないようなのですが、オフィシャルのツイッターが年明けから準備に取り掛かっている様子が見て取れます。

ハッシュタグ #hoshizorawish2017 で、上映希望作品を募っています!

つぶやくだけなら誰でも出来るので、わたしもつぶやいてみましたよ。

リクエスト者も多いと予想できますが、「君の名は」「ラ・ラ・ランド」「この世界の片隅に」は、野外で観れたら嬉しいな~。

ジブリ作品やディズニー作品を押している人、ミニシアター系の作品、懐かしの名作などなど、いろんなツイートで盛り上がっています。

去年はリクエストから上映が決まった作品もあるようなので、みなさんも参加してみてはいかがですか。

開場までの道がキャンドルで足元を照らしてくれていたり、オシャレなカフェ系屋台があったり、とにかく居心地抜群。我が家では毎年夏休みの楽しみとなっています!

円形劇場を思わせる、段々になった客席(芝生)も観やすくて雰囲気も抜群!

今後上映ラインナップが決定次第、お知らせします。

星空の映画祭をオススメする理由はこちらに熱く語らせていただいています(笑)
誕生秘話や込められた想いを知ると、あの場所で映画を観れていることに、もっと感動してしまいます▼
https://tochisagashi-kotsu.net/hoshizoraeiga-haramura

プチ情報▼

■場所:長野県原村 八ヶ岳自然文化園
■チケット:大人1,200円、高校生1,000円、こども(小中学生)500円、未就学児は無料
(前売券あり)
■日程 2017年7月28日(金)~8月20日(日)(※8月4、5日はお休み)
公式ツイッターアカウント@hoshizoraeiga

原村近辺には、ランチで旬のものを味わったり、きままにドライブ、温泉など、映画が始まるまでの時間を楽しめるスポットがあちこちにあるのも魅力です。

こんにちは! 前回は、高原野菜や信州の名産・特産・旬のものが販売されている、魅力的なお店 「たてしな自由農園」をご紹介しました。...
こんにちは! 先日は、私のお気に入りの温泉「河童の湯」をご紹介しました。 今日は、蓼科に来たら必ず食べたくなる、...

恵比寿ガーデンプレイス「ピクニックシネマ」

都会で楽しむ大人の夏休みをテーマに、移動映画館「キノ・イグルー」の協力の下、企画開催される野外映画です。

嬉しいことに、入場料は無料。

スクリーンの向こうには高層ビルが見え、様々なショップに囲まれた施設中央が、映画鑑賞者で賑わう、特別な夏の限定イベントです。

今年の開催期間は、8月3日(木)~5日(土)、10日(木)~15日(火)、17日(木)~19日(土)となっています。

お仕事帰りにフラッと立ち寄ってみるのも良いですね。

 詳細▼

■開催期間:8月3日(木)~5日(土)、10日(木)~15日(火)、17日(木)~19日(土)
■上映時間:未定
■場所:東京 恵比寿ガーデンプレイス
■料金:無料

湖畔の映画祭

山梨県本栖湖キャンプ場にて行われる映画祭。

今年で第3回目の開催を迎えます。

富士五湖・本栖湖畔で見る映画は格別です。

映画祭専用のテントゾーンもあるので、キャンプも同時に楽しめます。

また、音楽ライブやその他イベントも企画されていますので、太陽光が降り注ぐ昼間の時間帯も思う存分楽しむことができるのが魅力です。

開催期間は2017年8月4日~8月6日の3日間。

【上映スケジュール(タイムテーブル)】

準備中のようです。

現在上映が決まっている作品は以下となります。

  • 淵に立つ
  • 14の夜
  • 東京ウィンドオーケストラ
  • ポエトリーエンジェル
  • 見栄を張る
  • 白T
  • 戦場へ、インターン
  • トータスの旅
  • アウトドア・ビギンズ
  • いたくても いたくても
  • スレイブメン

他、今後も追加されるようです。

 詳細▼

■開催期間:2017年8月4日~6日
■場所:本栖湖キャンプ場
■チケット
通し券:一般3,500円(チケットぴあ・e+)、当日券は4,000円
18歳未満は、2,000円
小学生以下は、親御様1名に付きお子様1名無料(二人目は18歳未満の料金)
公式サイトはこちら

MUJINTO cinema CAMP 2017

参加者全員で作り上げることを目指す完全DIY型の野外シネマキャンプフェス。

静岡県西伊豆にある島が会場となっています。

その島へはボートを使わないと辿り着くことができないという立地も惹かれるものがあります。

日没までの昼間の時間帯には、キャンドル作りや音楽ライブなどの各種催しや、BBQ、カヤックなど大自然ならではのアクティビティを満喫することが可能です。

現在、上映スケジュールやチケット販売についてなどは調整中という事で、7月初旬を目処に決定されるようです。

 詳細▼

■開催期間:2017年9月9日(土)~9月10日(日)
■会場:静岡県 西伊豆
■チケット:
最新情報は随時公式サイトにて更新されますので、ご確認ください。

その他 今後の情報に期待の野外映画

【都内】

・目黒CRASKA  ルーフトップシネマ×キノ・イグルー

・六本木ミッドタウン  モエ ミッドパークシネマ

・渋谷クォーツギャラリー  ルーフトープ ムービーナイト

【郊外】

・神奈川県逗子海岸  逗子海岸映画祭(終了)

など

探せばもっとありそうですし、今年初開催の新イベントが登場するなんてこともあるかもしれませんよね。

夏の野外と言えば花火を連想する人も多いかもしれませんが、打ち上げ花火と同じようにわくわくドキドキできる野外映画も、ぜひ今年のレジャースケジュールに取り入れてみてくださいね。

終了したイベント(2017.6.22時点)

※品川オープンシアター 入場・観覧無料

東京タワーも見えるオフィス街の素敵な夜景を背景に、芝生の上でのんびり鑑賞できる都会のシネマ!

2016年9月にスタートしたこのイベントは、今回で3回目を迎えます。

品川駅周辺のエリアマネジメント活動の取り組みの一環で始まった品川オープンシアターは、昨年10月(2回目)には2,500人という動員数を記録し、訪れた方たちの心に残る野外映画となり、今年の開催決定も喜ぶ声が多数あがっています。

今年は前年以上に、音響施設が良くなるということで、更なる迫力が期待できますよ!
(5.1chサラウンドシステムの導入、巨大モニターの設置、臨場感溢れる音響演出など)

上映作品は「ジュラシック・ワールド(吹替版)」

2015年公開の世界的大ヒットを記録した作品です。

映画の上映だけでなく、当日は、ジュラシック・ワールド」の雰囲気がさらに盛り上がる様な「恐竜」と「体験」を組み合わせた体験型のイベント(ワークショップ)も開催されます。

…恐竜の化石レプリカの装飾、恐竜ペーパークラフト、スタンプラリー、写真撮影スポット等

また、会場には映画のお供にぴったりな飲み物や食べ物が購入できるキッチンカーも用意されていますので、ちょっとしたピクニック気分が味わえそうです。

【詳細情報】▼

品川オープンシアター(Shinagawa open theater 2017 spring)

■野外上映会開催日時:2017年4月8日(土)19:00~21:00
(雨天時は翌日4/9(日)に延期)(小雨決行)

■キッチンカーの出店:2017年4月7日(金)~9日(日)
7日…10:00~20:00
8日…10:00~21:00
9日…10:00~16:00

■ワークショップ:2017年4月7日(金)~9日(日) 開催詳細はいまのところ未定

■会場:品川シーズンテラスイベント広場

■費用:入場・鑑賞は無料
その他飲食、ワークショップ、グッズなどは有料です。

情報元

※夜空と交差する森の上映会 IN ゴールデンウィーク2017

山梨県北杜市にある「白州・尾白の森名水公園べるが」で開催される野外映画フェス。

2016年10月に2,700人を動員した「森の映画祭」の派生イベント(スピンオフ)として、
今年も開催が決まりました!

今年は「森の上映会」。

2017年4月29日(土・祝)~5月6日(土)のゴールデンウィーク期間中に、毎日異なる短中編映画一本と長編映画一本をセットにして上映されます。

恋愛、ドラマ、コメディ、アクション、ミュージカル、アニメーションといった多様なジャンルが、製作年度も1986年から2017年と幅広い作品の中から選りすぐりの魅力的な作品がラインナップ!

森の中、川のせせらぎが聞こえる場所など様々なロケーションに特設スクリーンが設置されていますので、お好みの場所で楽しむことが可能なのも魅力。

日帰り、宿泊、どちらにも対応しているイベントです。

日帰りの場合は、東京(新宿)発のバスツアーも用意されています。これなら帰りの運転を気にせず思いっきり楽しめますね。

宿泊してのんびりしたいな、という場合にはキャンプ場にテントを張ったり(オートキャンプも有り)、バンガローやゲストハウスを借りることも出来ます。(要事前予約

名水露天風呂までありますね。

【上映スケジュール】

4/29(土・祝) 「サムライオペラ」/「キングスマン」

4/30(日)   「私とわたし」/「きっと、うまくいく」

5/1(月)     「ゆきおんなの夏」/「百万円と苦虫女」

5/2(火)    「Fortune Teller/占い」/「湯を沸かすほどの熱い愛」

5/3(水)    「オオカミによろしく」/「スタンド・バイ・ミー」

5/4(木)    「トウメイの壁」/「セッション」

5/5(金)    「風のように」/「ミニオンズ」

5/6(土)    「Mishimasaiko」/「シング・ストリート 未来へのうた」

【詳細情報】▼

夜と交差する森の上映会 IN ゴールデンウィーク2017

■開催期間:2017年4月29日(土・祝)~5月6日(土)
■場所:白州・尾白の森名水公園べるが フォレストゾーン・森のイベント広場
■時間:開場18:00 上映19:00~22:00
(詳しい上映時間は公式サイトの上映スケジュールページにてご確認下さい)
■チケット:一般1,800円、高校生以下1,500円、3歳未満は無料
バスツアーは、新宿発着で6,000円(入場料は別)(山梨白州観光日帰りバスツアー)

公式HP(スクロールは上部方向へ。ジーっと観ているとサイト上にも流れ星が★)

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
splash-kanren
関連記事