日本決勝トーナメント進出!ポーランド戦の西野采配は普通じゃない/ロングハイライト・動画配信情報(サッカーW杯)

サッカー日本代表、決勝トーナメント進出決定です。
決戦を前に、ここまでの戦いをもう一度振り返ってみたい方のために
グループリーグ3試合のロングハイライトの動画配信情報をまとめました。

2018年ロシアサッカーW杯。運命の第3戦「日本代表対ポーランド代表」。
大会が始まる前は、グループリーグ突破・決勝トーナメント進出は、
ほぼ不可能とまで言われていました。

スポンサーリンク
広告大

日本代表決勝トーナメント進出!コロンビア戦/セネガル戦/ポーランド戦のロングハイライト動画配信情報

しかし、蓋を開けてみれば、
日本は大健闘。

初戦コロンビア戦、2戦目のセネガル戦と、
自分たちでボールを回し、
主導権を握る、堂々としたサッカーで、

見事、決勝トーナメント進出を果たしました。

もちろん、グループリーグ最終戦、
ポーランド戦に関しては、
0-1 のビハインドの状態にも関わらず、

反撃を放棄して、他会場のセネガル×コロンビアの
試合結果に全てを委ねるという、

ちょっと信じられないような決断をしてまで
泥臭く決勝トーナメントに切符を勝ち取りましたね。

本気でベスト8へ進むために信じられないリスクの取り方をした西野監督

1点負けている状態で、
同点にする事をあきらめ、

そのまま試合を終わらせるという
判断をした西野監督。

もしも、セネガルが1点返せば、
敗退が決定するという、
状況で、かなりハイリスクな決断でした。

先発メンバーを6人も変更(これで敗退なら炎上必至)

もうこの時点で、すごいハイリスクですよね。

ただ、

ポーランド戦の行われたボルゴグラードは、
試合開始時のピッチレベルで37度もあったと言われています。

私なら、サッカーをする以前に
90分フィールドの上に立っているだけで
体調を崩しそうです(笑)

グループリーグ突破が最終目標ならば、
ポーランド戦もベストメンバーで臨めばよかったのかもしれません。

しかし、ベスト8以上を本気で達成するつもりならば、

ここで、どうしても主力の温存が必要、
ここで消耗しきったら、次に勝つチャンスはない・・・。
という判断だったかと思います。

グループH組は、日程や場所(暑い会場が多かった)で、
他の組よりもやや不利(条件が悪い)だと、
私でも思っていたので。

負けているにも関わらず、攻撃をあきらめ、コロンビアの勝ちに全てを委ねる選択

私も正直言って、リアルタイムで観ていた時には、

おいおいおい!なにやってんの?

セネガルが1点入れたら終わるよ?

自分たちで突破を決めに行かんかい!

と、テレビに向かって、

ありとあらゆる罵詈雑言を吐いてしまいました。

初戦、2戦目と、
あれだけ勇敢に戦って来て、

いきなりこの状況で、他力本願ですからね。

あらゆる意味で私の想像を超えていました

普通の監督なら出来ない采配

当然、セネガルが1点いれてしまい、
敗退の可能性も
かなりあった訳で、

そうなった場合、

ボロクソに批判されることは、
西野監督も分かっていたはずです。

多分、普通の監督は、

「何がなんでも1点を取りに行く。」

という采配をしたと思います。

そうすれば、万一敗退した場合にも、

勇敢に戦った。潔く散った。

という、言い訳というか、(ベストは尽くしたという)逃げ道は
ある訳ですから。

でも、あの采配は、逃げ道ゼロでした。

万一、セネガルが1点いれたら、

日本はただの笑い者。愚か者の腰抜けと
世界中から言われてしまってもおかしくありません。

にも関わらず、西野監督は、ああいう決断をしました。

相当な勝負師、というか普通の神経じゃないと思います(笑)

あの暑さの中では、日本のパスサッカーは不利と判断したのでは。

日本のスタイルは、パスを回して、
人も流動的に動かなければ、機能しないスタイルです。

相手よりたくさん走ってなんぼ。というサッカーです。

35度以上もあるピッチで、90分それを押し通すのは、
多分不可能。

後半の残り20分という段階で、

日本の選手の方が、ポーランドの選手よりも
疲弊しているのでは?

という印象を、テレビの画面を通しての
私の主観ですが、持ちました。

ポーランドの選手は、終始動きは緩慢でしたが、
ここぞという時だけは、するどく速かった。

個々の選手の力があるため、
試合の大部分を省エネで流して、
攻撃の一瞬だけ力を集中するという戦い方が出来ます。

なので、あの酷暑の環境は、
日本より、ポーランドに有利に働いていた。

という様に私には見えました。

「日本の選手の方が暑さに慣れているから有利。」
などと、さかんにメディアが煽っていましたが、

日本人だって、35度以上の暑さの中で、
普段通りに走り続けるなんて事は無理だし、

そもそも選手のほとんどが、
ヨーロッパに住んで、向こうで戦っているんです(笑)
むしろ、日本より欧州の気候に順応しているはずです。

今回の戦いをみて、私は、

走らなければならない、日本のサッカースタイルゆえに、

暑さは、明確に、日本に不利に働く。

という感想をもちました。

西野監督は、自らボールを支配し、
「主導権をにぎって勝つ」という、

攻撃的なサッカースタイルがポリシーの監督です。

しかし、自分の美学をかなぐり捨てて、
批判も(敗退した場合の絶望も)覚悟のうえで、

あの場面では、あの戦い方がもっとも
決勝トーナメントに進める確率が高い。

という判断をしたのかなと思いました。

まあ、正直、試合中や終わった直後は、
私もそうとうブーブー文句を言っていたのですが、

一夜明けて、冷静になって考えてみると、

監督も選手も、あのブーイングをもろともせずに、
結果を取りに行ったのは、

やはりプロだな、すごいなと思います。

日本代表、決勝トーナメント進出おめでとう♪

グループリーグの日本代表の試合・ロングハイライトはU-NEXTで配信中。

という事で、グループリーグH組を勝ち上がった日本代表は、

決勝トーナメント初戦で、
強豪ベルギー代表を対戦する事が
決定しました。

ポーランド戦では、
主力を休ませる事ができました。
(出ずっぱりの柴崎選手だけは少し心配ですが)

ベルギー戦は、
全力で勝ちに行く、勇敢な日本が見られる事を
期待したいと思います。

また、次の会場は、涼しい、
日本が100パーセントのパフォーマンスを
出せる場所であることを願っています・・・。

そして、その前に、グループリーグの日本の戦いを
もう一度見ておきたいという方は、

コロンビア戦、セネガル戦、ポーランド戦を
それぞれ各20分ほどでまとめた、

ロングハイライトU-NEXT より、
配信されていますので、

おすすめです。

ベルギー戦も手に汗をにぎりながら、
応援したいと思います♪

関連記事

日本やりました!W杯 サッカー 日本代表対コロンビア戦勝利です! 見逃した方や、もう一度落ち着いて見たい方のために、 ...
こちらもどうぞ。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
splash-kanren
関連記事