ホームベーカリーでお餅!餅つき機能なし機種での作り方 簡単おいしい安全!

ホームベーカリーで作る、簡単でとってもおいしいお餅の作り方をご紹介します。

自分で作るので、もち米の産地も選べますし、添加物も無添加なので、とっても安心して食べられます。

臼と杵がなくても、ホームベーカリーがあれば自宅でつきたてのお持ちが食べられるんです!

我が家で使用している機種は、“LGのHOME BAKERY LB-50W1”。

私が高校生の頃に買ってもらった機種なので、ある意味年代物(笑)

餅つき機能は搭載されていませんが、問題なし!

もち米が炊けてからは、約15分~20分のこね時間と、食べやすい大きさに小分けにする作業を合わせて30分もあれば、できあがり!

あったかくてやわらか~いお餅はやみつきに♪

お子さんのおやつにも食事にも万能な手作りのお餅、ぜひあなたのご家庭でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告大

ホームベーカリーでお持ちを作る方法(レシピ)

<材料>(3口大の大きさで約25個分)

・もち米・・・3合

・水・・・・・約270ml

・餅とり粉・・適量(30g程度あれば充分かと)

→餅とり粉には主に片栗粉、上新粉が使われています。場合によってはコーンスターチもOK。

<下準備>

IMG_5282

もち米は、2時間程度水に浸し、ざるにあげます。

もち米にお水を吸ってもらいふっくらなめらかな炊き上がりになるように、このひと手間がおいしくなるポイントです。

最低でも1時間は給水させないと、ついたおもちに粒粒感が残ってしまいます。

<作り方・手順>

1.2時間程度水に浸したもち米をざるにあげて、水気を切り、約270mlのお水を加えて炊飯器のおこわコースで炊きます。

(お水の分量は、内釜のメモリ通りに合わせればOKです。
その際は、おこわのメモリの3合のところに合わせて下さいね!)

IMG_5284

2.炊き上がったもち米を、ホームベーカリーの釜に入れます。押し付ける必要はありません。

IMG_5290

3.HBの蓋を開けたまま、生地コースをスタート!

ちゃんと羽が回ってくれるかな、こねてくれるかな、と最初は心配ですが、大丈夫!
しっかりもち米をコネコネしてくれます!

IMG_5291

随分なめらかになってきました▼

IMG_5293

私の機種では餅つき用ではないので、羽が少々小さいため、生地を上手にかえせず、こねムラが出来てしまう場合もありますので、途中で一度濡らしたスプーンやヘラなどで上下をひっくり返してあげる手助けをすると、より一層上手に捏ね上げてくれます。

★捏ね時間を利用して、捏ねあがったお餅を取り出す容器を準備しておくとスムーズです。

こね終えたお餅を取り出す容器は、バットでもボウルでも炊飯ジャーでも何でも構いません。
容器の内側にもたっぷり餅とり粉を敷いておいて、くっつきを予防をしておいてくださいね。

4.1度目のこねが大体15分程度で終わりますので、こね具合を確認して、丁度良ければ手に餅とり粉をたっぷりつけて、お餅を速やかに用意した容器へ取り出してください。

(足りない場合は、もう一度生地コースを行って様子をみてください)

IMG_5294

パン作りのコースなので、終了ブザーは鳴らず、発酵時間へと突入してしまいますが、
お餅の場合は、発酵は必要ありませんし、放置時間が長くなると釜にくっついて取り出しにくくなってしまいますので、こね上がりに気を配り、手早く取り出すのがポイントです!

★つきたてのお餅は、思った以上に伸びるので、伸びた部分やちぎれた部分がくっついてしまうことがあります。

落ち着いて、餅とり粉をまぶせば厄介なくっつきを回避できます。

我が家では、炊飯ジャーを利用。

5.手に餅とり粉をたっぷりつけて、HBから取り出した餅を適当な大きさに小分けしていきます。

親指と人差し指を軽く握った隙間から、むにゅっと出した餅をちぎるイメージでやると上手にできます。

IMG_5299

IMG_5300

大きさは、お好みで。

我が家では子どもも楽しんで、むにむに小分け作業に参加してくれるので大小様々♪

それもまた良し!

6.完成!

出来立てのお餅にハチミツときなこをかけていただきました!

IMG_5307

残ったお餅の保存方法

すぐ食べる分はそのまま調理&盛り付けをし、残りはタッパなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存するか、

出来ればひとつずつラップにくるんで空気に触れないようにして、冷凍保存しても良いです。

冷蔵保存の場合は、3日以内、冷凍保存の場合は、約1ヶ月程度保存がききます。(冷凍焼けするとおいしさが半減してしまいますので、なるべく早めに食べるほうがベスト)

餅とり粉を洗い流して、水を張った容器の中にいれて冷蔵保存が一番日持ちするようですが、その場合は、毎日キレイなお水に変えてあげることが大切です!

この方法だとかなり長く持つようです。

私たちは、作った当日にはきなこもちでいただき、翌日はしょうゆをつけて焼いて、のりを巻いていただいたら、完食!

IMG_5318

このくらいの量なら、数日で食べきれるので、タッパで保存がラクチンです。

売っている切り餅と比べて、だんぜん柔らかく、口当たりがよいので、パクパク食が進みます(笑)

お雑煮や、あんこも美味しいですね!

砂糖なしのおやつにピッタリ!

そのままでも甘味が感じられる手作りのお餅。

我が家では、きなこ餅のときには「ハチミツきなこ」にして食べています。

精製されたお砂糖ではなく、天然・そのままの糖分の蜂蜜。

上記の画像では、お餅に直接ハチミツときな粉をかけてしまいましたが、きな粉とハチミツのペーストをつけて食べるのも大好きなんです。

砂糖と違って、きな粉とハチミツは混ざりにくいので、少量のお湯を加えてきな粉ペーストのようにしています。

コーヒーを淹れた際には、コーヒーをスプーン2~3杯を加えてペーストにするとコーヒー風味で一層美味しいです!

餅つき機能のあるホームベーカリーならHBがもっと便利!

これからホームベーカリーを購入しようと思っているなら、断然餅つき機能もある機種の方が便利です。

なぜなら、お餅つき(捏ね)専用の少し背の高めな羽がついているので、餅米をこねやすくかったり、

HBがもち米を炊くところから一連の流れで行ってくれたりと、お役立ち機能満載だから。

パンを焼くにも、やはりメーカーごとのこだわりがあり、利用者の声(レビュー)も実際に使った人の意見が反映されているので、機種選びの参考になります。

ホームベーカリーの人気ランキング

やっぱり一番人気はパナソニック!

餅コースはありませんが、HB愛用者の評価が高い商品はこれ。

パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ レッド SD-BH1001-R
by カエレバ

お餅コースも欲しい方はこちら。

パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ ホワイト SD-BMT2000-W
by カエレバ

ツインバードやsirocaもコスパが良くて評判です!

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
splash-kanren
関連記事